メンタルヘルス対策の潮流 ポジティブメンタルヘルスいきいき職場づくり


東京大学職場のメンタルヘルス専門家プログラムとは、


職場のメンタルへルスの第一人者、東京大学医学部川上憲人教授(日本産業衛生学会副理事長、日本ストレス学会理事長)が責任者のプログラム。本プログラムには産業医、精神科医、臨床心理士、産業看護職、人事労務t担当者など第一線の専門家が学び、職種横断的によりよい職場のメンタルヘルスについて理論と実践の両輪で研鑽を積んでいます。弊社代表木村は本プログラムの第Ⅰ期修了者です。各種専門家の仲間たちと共有する最前線のノウハウをお客様に展開してまいります。


いきいき職場づくりはリスクマネジメントにも対応する

今メンタルヘルス対策の潮流は、東京大学の川上憲人教授が提唱する「いきいき職場づくり」ポジティブメンタルヘルスです。


「いきいき職場づくり」は上司や同僚など組織の資源に注目した考え方で、お互いが助け合い支え合うチームワークのいい職場では、メンタル不調は発症しにくく、発症しても職場復帰もしやすいという考え方にもとづいています。


またこれまでのメンタルヘルス対策は、組織や人の弱いところに注目し改善をしていくという問題解決型アプローチでしたが、モチベーション低下や犯人探しになってしまい、なかなか効果が上がりづらいという問題がありました。また組織や人の強みに焦点をあてて、強みを活かし可能性を探る未来思考のアプローチが効果的であることもわかってきました。ポジティブメンタルヘルスは組織や人の強みに焦点をあてた組織活性化です。

弊社ではポジティブメンタルヘルスを基本に、幸福学、心理学的価値にフォーカスした人間中心イノベーション手法デザイン思考も盛り込んだサポートをしています。


中堅IT企業様での全社的いきいき職場づくり例

社長の旗振りのものとスタート、衛生委員会を核に委員会部門横断的な組織が主体的になって企画して推進する全社的取り組みです。現在も継続中で今年度は役員向けプログラムも実施しました。また経営企画部のキャリア計画とも連動しています。テーマは自律性(ジョブクラフテイング)とチームワーク。組織や社員の強みに焦点をあてた手法(AI)を展開しています。いきいき職場アンケート(新職業性ストレス簡易調査票をアレンジ)を組織風土調査として、現状把握と効果測定にも活用しました。


ストレスチェック対策、安全配慮義務対策も万全です。


ポジティブメンタルヘルスは組織開発、人材育成そのものであり、リスクマネジメント対策にもなりうるものです。


弊社はコンサルティングに加えて、衛生委員会、合同委員会のサポート、研修プログラムの提供、社内講師養成などのサポートをしています。