厚生労働省のガイドラインに沿ったメンタルヘルス対策をサポート


メンタルへルス対策はリスクマネジメント上、労働安全衛生法、厚生労働省のガイドラインに従い、また昨今の判例などを考慮して進める必要があります。

 

弊社では、職場のメンタルヘルスマネジメントの資格として最も注目される大阪商工会議所の主催するメンタルヘルスマネジメントⅠ種及びⅡ種を取得している社員を擁しています。


*Ⅰ種:全社的なメンタルヘルス対策を講じるもの
*Ⅱ種:ラインケア、管理監督者として職場のメンタルヘルス対策を講じるもの。
    大企業では管理監督者層にはⅡ種の取得を推奨しています。

 

また代表の木村は、東京大学職場のメンタルヘルス専門家コースを修了しています。本コースを主催する川上憲人研究室では、厚生労働省の委託を受けて、ガイドラインにもとづいた管理監督者研修、セルフケア研修、職場の環境改善マニュアル、職場のストレス簡易調査票などを制作しています。このノウハウをお客様向けにアレンジして提供させていただきます。

 

ガイドラインに沿い、かつ科学的根拠に基づいた効果的なプログラムを提供させていただきます。